お口の不具合・口腔外科

お口の不具合・口腔外科

虫歯じゃなくてもお口に不具合を感じたら…

口腔外科とは、お口の中の主に見える場所の病気や怪我を治療するカテゴリーです。

「虫歯じゃないけど、口の中に不具合がある」と感じている方は、一度ご来院ください。

「何科の病院に行けばいいのかな?」と悩まれている方は一度、八尾のフクタニ歯科医院までご相談ください。
あなたの症状は歯医者で治せるかもしれません。

親知らず

最も多い症例が親知らずの抜歯です。

表面的には見えないけれど埋まった状態の親知らず、永久歯が生えてこない埋伏歯などの症状もあります。
親知らずは抜いてしまう方がいい場合もありますが、置いておくことを望まれる方もいらっしゃいます。
状態を確認し、メリットとデメリットをご説明した上で、抜歯するかどうかを相談していきましょう。

当院の院長は口腔外科出身なので、ほとんどの症例に対応することが可能です。どうしても当院で対応が難しい場合には、連携する専門機関をご紹介させて頂きます。

顎関節症(がくかんせつしょう)

顎を動かすとカクカクと音がする、ジャリジャリと違和感がある、口が大きく開かないなどの症状があれば顎関節症の可能性があります。
主に「バイトプレート」というマウスピースを使って治療します。

口内炎

口内炎とは、お口の中で起こる炎症の総称です。口内炎は、レーザー治療器を使うことで痛みを緩和させることができます。

歯によって起こる炎症

虫歯やその他の歯の炎症が原因で起こる、歯茎の腫れやお顔の腫れなど

良性腫瘍

お口の中や舌に違和感を覚えるできものがあるなど。

外傷

転倒によるお口の中の怪我や、衝突による歯のぐらつきなど

歯の移植

何らかの原因で歯を失ってしまった場合、健康な状態の親知らずが残っていれば、保険診療で歯の移植ができる場合があります
元々ご自身の歯ですから、移植後も拒否反応はほとんどなく、お体への負担が少なくて済むのがメリットです。
ただし、残っている歯の状態など、かなり限られた条件下のみの施術となります。

口腔外科に関する症状には、喉の症状に感じることもあって耳鼻科の範疇と迷う患者様も多くいらっしゃいます。
上記の症状以外でも、お口まわりに不具合がある時は、なるべくお早めにご来院ください。

八尾のフクタニ歯科医院の院長は口腔外科を専門にしておりますので、経験症例も多く、また症状によっては総合病院との連携体制も整っています。